大手生保の商品にご注意

-

-

大手生命保険会社から出されている保険商品に加入されている方は多いと思いますが、私が保険商品を扱っていた経験から申し上げて、そのような商品はほとんど役に立たないことが多いです。ネットスロット・オンラインスロで稼ぐ

むしろ逆に、大きな損失を被る可能性があることを知っておいてほしいと思います。iphone買取2014

私も若い頃、そのような保険商品を勧められましたが、とてもそれらの保険に加入する気にはなれませんでした。アクアデオ

それらの商品は、掛け捨て部分である、万が一の死亡保障は大きいのですが、貯蓄部分は少なくなっています。色んなお話とドッグトレーニング

もちろん、万が一に備えたいという意思があるならそのような商品も良いのかもしれませんが、ある程度、貯蓄も考えているというのであれば、他の商品の方が良いでしょう。デセン酸

よくあるパターンは月々、1万円で死亡保障と入院保障が付いたものです。

それを10年ごとに更新していくというものがありますが、10年間の掛け金は単純計算で計120万円です。

しかし、10年後の更新の時に今までの掛け金の中の積み立て部分をもとに、新たな保険を設計するのですが、必ず保障は少なくなります。

そして、その後、10年経つと同じように更新の時にまた、保障の少ない契約を結ぶはめになります。

年齢を重ねるごとに、病気や死亡のリスクは高まるのに、その保障が少なくなっていくのには、何ともいえない虚しさを感じます。

そして、30年間の掛け金の合計は360万円となります。

もし、病気やケガで入院や手術をしなかった場合、何百万円という金額がパーになります。

もちろん、入院すればそれなりに保険金はおりますが、払った金額を回収することは難しいでしょう。

死亡した場合は、何千万円という保険金がおりてきますが、もしそれを目当てに保険に加入するのであれば、単純に掛け捨ての保険に入った方が掛け捨て部分は少なくて済むと思います。

保険は複雑で難しいと多くの人が感じています。

それ故、加入者にメリットの少ない保険商品が世の中に、はびこっているのでしょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.crossairecordings.com All Rights Reserved.