まずひとつめは覚悟を決めて

-

-

普通のはじめたばかりの人向けの外国為替証拠金取引の書籍では「マイナスになった場面ではナンピンして平均の買い付け価格をコントロールする事が出来る」等と書かれている事もありますが正直に言うとこれにはかなりの引っ掛けが待ち受けています。原一探偵事務所

ナンピン買いの理屈について易しく記述します。3人目 女の子 産み分け

ひとつの例として100円で1ドルを買ったとします。脱毛ラボ5 ※エタラビのアフターサポートとどっちが?

$買いですので、ドル高に進むほど利益が出るわけですが不幸にして1ドルが95円まで円高ドル安が進んだとします。ミュゼ 100円 ネット限定

この場合ポジションを持ち続けたら損がなくなるまでには、損失分円安ドル高に動く必要があります。プロペシア オオサカ堂

誰もが、損失は出来るだけ早く取り戻したい思います。マイナス金利 株価

これを解決するためはじめにエントリーしたのと同じ額の$を1ドル95円で売買します。駐車場の車トラブル

そうすると、ポジション全体の平均の単価は97円50銭まで抑える事が出来ます。外道の歌

これで、2円50銭の幅で円安ドル高が進むと、損失を回復する事ができます。企業/製薬/MR/薬剤師/求人/募集/年収1000万円以上

この流れがナンピンの方法です。

このような、ナンピン買いの方法を目にすると、「ごもっとも」と考えるが為替はそう容易には問屋を卸してくれない。

元々、95円が底だということなど、誰にも分かるはずがありません。

もし、市場がかなりの円高傾向であれば、1ドル95円では下げ止まらずに、より一層ドル安になる危険性はあります。

一例として、97.50円でナンピンをしたとしても、1ドル95円まで円高が進んだら、ナンピン買いしたポジションにもマイナスが生じることになってしまうのである。

その状態では、最初に買ったドルと合わさってダブルでマイナスが生まれます。

この例のように、ナンピン買いは難しいです。

それなら、市場が自身のシナリオとは逆に進む場合どのような術で危険を回避すればいいのでしょうか。

こういう状態で取るべき選択肢は2つだけあります。

まずひとつめは覚悟を決めて、ポジションを閉じる事です。

もうひとつの選択肢としては、今現在、保有している買いポジションを減らす事でもう一度マーケットが回復するのを黙って待機する事です。

ずいぶん主体性のない対策だと感じる人もいます。

しかし、所有している買いポジションに差損が生まれた場合最も妥当な手段はこの2つ以外にはないです。

言うまでも無く、理論としては、ナンピン買いをしてみる対策もあるように思えます。

けれどもナンピン買いは自分自身が損失を披っている場面で、買いポジションを無くすどころか、買いポジションを積み重ねていく手法です。

それでは、危険性を制御することなど、どう頑張ってもできないと思ったほうかいいだろう。

ナンピン買いをしていけばその内損を取り返せるかもしれません。

だが、それ以前に資金が不足してしまいます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.crossairecordings.com All Rights Reserved.